デイビットセインのおすすめの本とその特徴を紹介!

「受験英語からビジネス英語まで幅広く対応しているエキスパート!」

実は、英語業界には「教材を出せば当たる!」と言われている
ヒットメーカーと崇められる教材開発者が数人存在します。

そんな選りすぐりの教材エキスパートの中でも
圧倒的な結果と実績を誇る開発者がデイビットセイン氏です。

デイビットセイン氏はこれまでに100を超える英語学習に関する本と教材を世に送り出しており、
そのほぼすべてがベストセラー級の売上と高い評価を得ていることで有名です。

今回は、そんなヒットメーカー
デイビットセイン氏の英語教材の特徴と
オススメ教材本ベスト
3を発表したいと思います!

デイビットセインの本の魅力とは?

それではなぜデイビットセイン氏の本はここまで高い評価を得ることができるのでしょうか?

その最大の理由は、

「徹底的な分析と分類!」

にあると考えられます。

セイン氏は教材開発そのものに優れていることは紛れもない事実ですが、
それ以上に優れているのが本を買うであろうターゲットの「分析力」だと言えます。

実は、セイン氏の教材はそれこそ幼少期からビジネスマンまで幅広く開発されているだけでなく、
日本人が最も「触られたくない場所」である英語の発音や
「多くの人が求める」英語の学習法に関する執筆をしているのです。

それだけではありません。セイン氏は日本で40年以上に渡り生活をしており、
日本でのビジネス経験も豊富であるために「日本人が最も英語で困っている問題」を熟知しており
その問題を解決する為の方法をそれぞれのターゲット毎に細かく
そして優しく解説することで圧倒的な支持を受けているのです。

セイン氏の本のもう一つの特徴は「継続性」です。従来の英語の教材本というのは
難しい専門用語を抑揚なく書き連ねるという方法が一般的でしたが、
セイン氏の本では「読者」を飽きさせない工夫がいたるところに施してあり、
読み進めていく中で思わずクスッと笑ってしまうシーンが数多くあります。

学校の英語の授業ではなかなか知ることができない「生の英語」情報をかみ砕いて発信していることも
多くの読者を惹きつけてやまない大きな理由の
1つだと言えるでしょう。

それでは、実際にセイン氏が書いたおすすめの本を見ていきましょう!

デイビット・セインのおすすめ英語教材本ベスト3を公開!

それでは早速デイビットセイン氏が手掛けて
瞬く間にベストセラーとなった良書を見ていきましょう!

ベスト3:『英会話の9割は中学英語で通用する』

この本はとにかくスピーキング力を高めたい人にオススメの1冊です。

いわゆる中学英語と言われる基本単語1500語の使い方や「型」を覚えることで瞬発的に口から英語が出てくるようになるだけでなく、
英語表現の引き出しを確実に増やすことができるようになるために
英語で笑いを取ったりすることもできるようになるでしょう。

11ページずつ確実に進め、3周ほどすれば基本的な会話の型を身に付けることができるようになります。

音声がありませんが、Youthubeなどでカバーすれば問題ないでしょう。

ベスト2:『勉強時間は取れませんが誰にでもちゃんと伝わるビジネス英語を教えてください』

「仕事で英語が必要!」

だけど時間が

という人に抜群の効果を発揮するのが本書です。

日本では「ビジネス英語は日常会話よりも難しい」
と考えられがちですが、実は本当に難しいのは日常会話の方なのです。

ビジネス会話は使う表現や内容がある程度決まっており、
質問されうる内容などもあらかじめ予測がたてやすいので準備もしやすいという特徴があります。

さらに、ビジネス英語で話される英語の9割以上は中学英語でカバーできるので
本書を読み込むことで自信をもって交渉に臨めるようになるでしょう。

ベスト1:『まんがでマスター ネイティブが教えるやりなおしの中学英文法』

英語には話すにも、聴くにも、書くにも、そして読むのにも基本的なルールがあります。

その基本的なルールのことを「文法」と言いますが、
その内容が一般的には退屈過ぎてモチベーションが続かないのが常ですよね?

本書では難しいと考えられがちな英文法を徹底的にかみ砕いて説明されているだけでなく、
漫画で面白おかしく解説されているので読み進めているうちに
「気が付いたらあなたの中が整理されていた!」なんてこともあるかと思います。

英語の学習に基礎固めは必要不可欠です。

しかし、どうせ基礎固めをするのであれば
なるべく楽しく学べることに越したことはないですよね?

本書はそんな希望に応えてくれる選りすぐりの一冊だと言えるのです。

まとめ

いかがでしたか?

「継続できる」、「楽しい」、「わかりやすい」

デイビットセイン氏の本には他の英語教材にはない
そんな「ワクワク」するような仕掛けが
たくさん詰まっているのです。

是非、英語学習を効果的に、
そして楽しく進めたいと考えている人は
これらの教材を貯め
hしてみてはいかがでしょうか?